印鑑・はんこの豆知識・お役立ち手続きをご紹介 
   
実印は住民票がある自治体に対して使いたい印鑑の印影を登録して初めて実印となります
 個人印章
 個人印章 実印 menu_off.gif
 個人印章 銀行印 menu_off.gif
 個人印章 認め印 menu_off.gif
 実印/銀行印セット menu_off.gif

 実印/銀行印/認印セット

menu_off.gif
法人印章
法人印章 会社実印 menu_off.gif
法人印章 会社銀行印 menu_off.gif
法人印章 角印 menu_off.gif
会社設立 印鑑セット menu_off.gif
チタンの印鑑
 個人チタン印鑑 実印 menu_off.gif
 個人チタン印鑑 銀行印 menu_off.gif
 個人チタン印鑑 認め印 menu_off.gif

 実印/銀行印セット

menu_off.gif

 実印/銀行印/認印セット

menu_off.gif
 法人チタン会社実印 menu_off.gif
 法人会社銀行印 menu_off.gif
 角印 menu_off.gif
 法人印セット menu_off.gif
印鑑サプライ
 印鑑ケース menu_off.gif
 朱肉(速乾性) menu_off.gif
安心サポート
 10年間保証 menu_off.gif
 スピード発送 menu_off.gif
 書体について menu_off.gif
 サイズについて menu_off.gif
 材質について menu_off.gif
 書体の確認 menu_off.gif
 お問い合わせ menu_off.gif
 お支払・送料 menu_off.gif


 

販売一覧

印鑑・実印

実印


印鑑の選び方

重要な印鑑のほどんどが一生使うものであります。

印材・サイズ・デザイン様々な印鑑がありますが、印材・サイズについては、その方の判断材料として見られる方も多いものです。

印鑑選び方

実印等重要な印鑑は、経済的余裕がゆるされる範囲で、出来る限りいい印材・大きなサイズをお選びすることをお勧めいたします。

印鑑卸売市場はその中で激安の印鑑の通販を行っている販売サイトです。


知られていない実印の登録方法

実印というものは、住民票がある自治体に対して、使いたい印鑑の印影を登録して初めて実印となります。
登録していないものはそう呼べませんし、登録を拒否される印鑑もあります。

読めないような印影の印鑑は登録ができませんし、必要以外の情報が彫られた印鑑も不可とされます。
当然劣化してしまっている印鑑も、その後のことを考えて拒否される理由となってしまうものです。
印鑑の選び方
登録するためには、市町村などの受付窓口に行って登録することになります。
その際には、登録者本人が出向く方法と代理人が登録する方法の二つになります。

登録する印鑑を持って申請書に記入することになりますが、これだけでは登録することができません。
代理人の場合には、本人からの委任状が必要になります。

誰でも無制限に登録させることはできないものだからです。
その後、紹介書か回答書が郵送されてきます。

これは本人に届きますので、その書面と印鑑を持って受付窓口に持参することになるわけです。
代理人の場合は、受領書に捺印しなければいけないので、代理人の印鑑も必要になってきます。

このほかにも官公署発行の写真付証明書である運転免許所やパスポートを持参する方法や、同じ自治体内で印鑑登録している人に保証書を書いてもらい本人が赴く方法があります。

どのような方法にしても、ただ持ち込むだけでは登録することはできませんので、集められる書類などを考慮に入れて、登録方法を考えておく必要があるのです。

 

判子 豆知識(実印)

はんこの王様の実印
実印は判子の中で最も重要な印鑑の一つです。契約書をはじめ公正証書の作成や官公庁での諸手続きに必ず必要な判子を実印といいます。
印鑑の王様の実印
個人が市区町村役場に、登録したものを実印とよばれます。印鑑登録の数日後に、印鑑登録証明が発行されます。登録時に免許証またはパスポートを持参すれば即日発行もされます。

 

判子 豆知識(銀行印)

銀行への届出する判子
銀行印は銀行へ登録する金銭関係に最も大事な印鑑です。 銀行の預金口座開設や引き出しから郵便貯金、小切手・手形の作成・受け取りなど金融関係で用いる印鑑だけに、実印と同じように慎重に取り扱わなければなりません。実印とは分けて使うことがほとんどです。

 

判子 豆知識(法人実印・代表者印)

法務局に登録する実印
会社の設立時に、法務局に届出を行う印鑑を会社実印または代表者印と呼びます。重要な契約書などを作る際に使用される印鑑で、会社にとって運命を左右しかねないほどの極めて重要な印鑑であります。一辺が1センチを超え3センチの正方形に収まる印鑑でなければなりません。法人名は漢字やひらがなだけでなく、カタカナはもちろんアルファベットで作った印鑑も登録できます。

 

判子 豆知識(印鑑の押し方)

はんこの押印場所と印章の向き
契約書などに印鑑押すとき、氏名に対してどのあたりに印鑑を押すのが正しいのか?それは氏名と接するか接しないかぎりぎりの位置に印鑑を押すとよいでしょう。氏名と重なっても無効にはなりませんが、筆跡や印影が対照しづらくなってしまう恐れがります。また印鑑の向きは逆さまでも横向きに押しても有効ではありますが、しかしながら、「最終的に押印する意思が無かった」と判断される事もありえるといわれております。

 

判子 豆知識(実印等の紛失時)

印鑑の紛失は届出先に至急連絡を!
実印を紛失した場合、印鑑登録をした市町村役場の窓口で廃印届を提出します、その後新しい印鑑の登録をいたします。銀行印の場合は、すぐに登録先の銀行へ連絡をして、預金等を保護しましょう。

 

 

 

◇ルームフレグランスのアロマオイル(http://www.aromaroa.com/) 自宅のルームフレグランスやアロマオイルが切れそうになった時、こちらの格安で高品質なルームフレグランス販売しているアロマのサイトがお勧めです。
印鑑比較トップ
Copyright 2005Nihon Inshosha. All Rights Reserved.
PRサイト